アートディレクター・グラフィックデザイナー・コラージュアーティス

​Q-TA

 シュルレアリスムを独自の解釈で表現する
ファッション性の高いポップなコラージュ&ビジュアル作品で、
広告やアパレルブランドのビジュアルや
CM、CD、雑誌、書籍装丁、装飾デザイン等におき
AD、グラフィックデザイナーまたコラージュアーティストとしても国内外で活躍中。
自身インスタには14万人以上がフォロー中。

 

【主な仕事】

<広告系>

​アトレ品川 / New Spring 2019キャンペーン / ビジュアルディレクション

一般財団法人BOAT RACE振興会 / ポスター/デザインワーク

Beaujolais Nouveaux2018ビジュアル / アートディレクション

資生堂MAJOLICA MAJORCA/「ストライクな瞳」ムービー/アートワーク

mine/TVCM「2017 minne Christmas」/コラージュアートワーク

まんが王国/TVCM/コラージュアートワーク

MIKIMOTO/ハイジュエリーカタログ/コラージュアートワーク

日本橋三越/○て、/アートディレクション

アトレ上野×ハードロックカフェ「宴〜UTAGE〜2017」ビジュアル / アートディレクション

<アパレル系>

Trinca unplusun/2019ss collection/コラージュアートワーク

Anamika Khanna/カタログ/コラージュアートワーク

ROOTOTE/Euromantique Autumn & Winter Collection 2018 vol.31/アートディレクション

Viktor & Rolf/Haute Couture SS17 collaborate Visual/アートワーク

LACOSTE/「LACOSTE × Q-TA HERITAGE COLLAGE ART WALL」/コラージュ

adidas/GAZELLE/アートワーク

MARLMARL/カタログ/アートディレクション

aedam/振袖カタログ/アートディレクション

<出版&雑誌系>

講談社 / 瀬名 秀明「魔法を召し上がれ」/ 装画コラージュ

講談社文庫 / 井上真偽「恋と禁忌の述語論理」/ 装画コラージュ

文藝春秋/東野圭吾「沈黙のパレード」/装丁コラージュ

角川書店/松岡正剛「少年の憂鬱」/装丁コラージュ

文藝春秋/松尾スズキ「もう「はい」としか言えない」/装丁コラージュ

角川書店/真梨幸子「ツキマトウ 警視庁ストーカー対策室ゼロ係」/装丁コラージュ

駒草出版/「巨人の箱庭 平壌ワンダーランド」/コラージュアートワーク

講談社/井上真偽「聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた」/装丁コラージュ

  実業之日本社文庫 /有栖川有栖「ジュリエットの悲鳴」/装丁コラージュ

SPUR.JP/「Sergio Rossi」/コラージュアートワーク

Numero TOKYO 9月号(2018)/紙面アートディレクション

Number 945号(2018)/表紙、中刷りアートワーク

GINZA10月号(2017)/誌面コラージュワーク

婦人画報 4月号(2017)/表紙アートワーク

装苑11月号(2016)/「GO CRAZY」/広告アートワーク、衣装、セットデザイン

NYLON JAPAN 1月号(2016)/「kaela's gallery」/アートディレクション

<アーティスト系>

SCANDAL / シングル「マスターピース / まばたき」/ アートディレクション

夢見るアドレセンス / アルバム「SEVEN STAR」」/アートディレクション

みゆはん/アルバム「ひきこもり情報弱者」/アートディレクション

KissBee/アルバム「Pop Honeycomb」/アートディレクション

unBORDE/RoE「ウカ*」/アートディレクション

森星/写真集「HIKARI MORI」/コラージュアートワーク

光文社/益若つばさ写真集「fetish」/アートディレクション

ニカホヨシオ/『SUR LA TERRE SANS LA LUNE (月のない地上)』/ジャケットアートワーク

アミューズモバイル/しろといろ/アートディレクション

<その他>

映画「空の瞳とカタツムリ」/ポストカードコラージュアートワーク

Gucci/#GucciGram アートワーク

伊勢丹新宿/3Fアートフレーム/装飾デザイン

伊勢丹新宿/インターナショナルクリエイターズ/ディスプレイディレクション

Walt Disney Studios/アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅/公開キャンペーン用コラージュ

映画「Tomb Raider」/コラージュアートワーク

​等

※ご連絡を頂ければ作品をもってプレゼンに伺わせていただきます